日本石鹸洗剤工業会 JSDA
石けん川柳 2016入選作品発表! ご応募ありがとうございました!
番傘川柳本社 田中新一主幹と日本石鹸洗剤工業会石鹸部会により審査の結果、これらの入選作品が決定しました。
講評:番傘川柳本社 主幹  田中新一。◎全体の講評: 今回の「石けん川柳」は、WEBで1人1句の受付けで、2565句が集まりました。昨年の応募句は、2265句でしたから今回は昨年より厳選になりました。
 石鹸部会社にて予選が行われ、2565句が136句に絞られ、その中から最優秀賞1句、優秀賞3句を選定させていただきました。
 
◎最優秀句の講評:  
 風呂場での親子の裸のコミュニケーションをシャボン玉に凝縮させた見事な作品である。子どもの体を洗いながら子どもの夢を聞いている作者は、子どもの感性に驚かされたばかりでなく感動の視点のユニークさにも教えられることがあったようだ。頼もしく成長していくわが子の姿は虹色のシャボン玉のようだと言う作者。

◎優秀賞句1の講評:
 久し振りに帰ってくる子どものために、あれやこれやと準備に勤しむ母親の姿は、今も昔も変わることはない。準備万端調える中で風呂場の石けんまで新しいものに取り替えて待つ母親の愛情に心揺さ振られる。

◎優秀賞句2の講評:
 風呂場には、家族のからだをきれいに洗ってくれる石鹸がただ一つだけある。一つの石鹸を家族みんなで使うことになるから同じ香りをまとうことになる。石鹸の香りは、家族の連帯感を生み、家族の輪を紡ぐ。

◎優秀賞句3の講評:
 石けんは、からだをきれいにしてくれるばかりでなく、心休まる香りを心身ともに浸透させてくれる。温かい風呂の湯との相乗効果も加わって心とからだを解放してくれる。
佳作20作品(賞品:会員会社の石けんを詰め合わせたセット)


日本石鹸洗剤工業会 (JSDA)

〒103-0027 東京都中央区日本橋3-13-11 TEL 03-3271-4301 FAX 03-3281-1870
Copyright(c) Japan Soap and Detergent Association 2016 All Rights Reserved.



募集についてはこちらをご覧ください